July 28, 29, 2016 Tokyoメニュー

SAP Forum 2016

SAP Ariba Commerce Innovation Forum:  テーマ  プログラム  スポンサー  会場  お問い合わせ  マイページログイン
SAP Ariba Commerce Innovation Forum:
  
テーマプログラムスポンサー会場お問い合わせマイページログイン

SAPのBusiness Networksを構成する調達・購買ソリューションAribaを中心に、主に調達・購買部門、経理・財務部門、経営企画部門の方々に向けてご紹介するイベントです。サプライヤーの方々にもご参加いただけます。



たくさんのお申込みありがとうございました。定員に達したため、お申し込みを締め切らせていただきました。

Program

12:30 -
12:40

オープニング

SAP Ariba 
SAP Ariba アジア パシフィック ジャパン統括

グラント・クリンチ

12:40 -
13:10

Ariba × As a Serviceがもたらす調達変革

アクセンチュア株式会社 
執行役員 オペレーションズ本部 統括本部長

馬場 昭文氏

今、間接材購買を中心とする“調達”に変革が起きています。
業界を問わず各企業様とも、長年コスト削減に取り組まれていることと思います。しかし、当然ながら高額商材や戦略性の高い商材に注力する傾向が高く、結果的に十分にコスト削減施策が行き届かない商材カテゴリが存在してしまうことは決して少なくありません。そのような課題を解決する、“Ariba×As a Service”を活用した事例をもとに、新たな”調達“の姿をご紹介いたします。

13:10 -
13:55

デジタル時代の調達・購買と SAP Ariba

SAP Ariba
Chief Strategy Officer & Senior Vice President of Business Development

クリストファー・ヘイデン

調達・購買のデジタル化が一層進展していく中、バイヤー、サプライヤー、そしてパートナーは、デジタル時代に生き残り、競争を勝ち抜くために投資を見直し、加速させています。本プレゼンテーションではデジタル時代の調達・購買に対する SAP のビジョンをご紹介し、SAP Ariba の導入促進、新たな洞察の提供、デジタル経済の実現に向けた戦略とロードマップについてご紹介します。

13:55 -
14:15

富士ゼロックスの購買改革

富士ゼロックス株式会社
顧問

長谷川 博史氏

リーマンショック後の景気後退が続く2009年、富士ゼロックスでは売上が減少し、思い切った改革を速やかに実施することが求められていました。そこで、キャッシュアウト改善の範囲を自社商品の「生産材」にとどめず、ノンプロダクション領域(間接材)に踏み込んだ改革活動に着手することを決断しました。モノ系・サービス系の全商材をスコープに、国内から海外へと拡大展開を進める「ノンプロ購買改革活動」についてご紹介します。

14:15 -
14:35

事例から見えた!Ariba導入成功の ポイント

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 
ソリューション事業本部 SCMソリューション本部 SCMソリューション1部 プロジェクトマネージャー

池田 信裕氏

間接費の見える化、削減への切り札として導入事例が年々増えているAribaは、その豊富な機能やクラウドの特性を活かした短期導入が可能な点などで脚光を浴びています。
B-EN-Gは、日本において数々のAriba導入を手がけてまいりました。本セッションでは、弊社が手がけたAriba導入プロジェクトから、いくつかのお客様事例をご紹介します。また、事例を通して見えてきた、導入時の注意すべき点、成功の秘訣、Aribaの更なる活用方法などもご紹介します。

14:35 -
14:55

短期間に実現するデジタル時代のグローバル調達改革

PwCコンサルティング合同会社 
Solution Technology  Senior Manager

嵯峨 千悦氏

グローバル化が進んでいるが海外の子会社や生産拠点における調達業務に関して、現地任せとなっている企業が多い。本社機能で統制をかけながら、グローバルで調達コスト削減に向けた対策SAP Aribaを活用して短期間に実現するアプローチを提言します。

14:55 -
15:15

休憩

15:15 -
15:45

お客様事例
変革にむけたプロキュアメント部門とファイナンス部門の戦略的協業

日本マイクロソフト株式会社 
管理本部ファイナンス 業務執行役員 フィナンシャル・ディレクター

小林 正文氏

ファイナンス部門とプロキュアメント部門との協業は、コスト削減のためだけでなく、リスク管理のためにも重要です。そのインパクトを最大化するためには、戦略的かつ全社的な視点は欠かせません。「標準化されたIT基盤による見える化」と「現場のエンパワーメント」を両立し、相互のKPIを理解する、地域間でのベンチマークを行う、課題を切り分ける、優先順位を共有する、というような取り組みをご紹介します。

15:45 -
16:15

始めよう! 真の調達・購買改革

日本アリバ株式会社 
バリューエンジニアリング  ディレクター

小野寺 富保

20年以上前に調達・購買改革に乗り出したアメリカ企業は、調達・購買の全体最適化を目指し、その結果企業の財務体質を著しく改善しました。
その一方、同様に調達・購買改革に取り組んだ日本企業は、個別最適に終始したため、目覚ましい成果を得ることなく改革は頓挫し、失われた20年となってしまいました。
世界中の企業の調達・購買改革を支えてきたSAP Aribaのベストプラクティスをご紹介します。

16:15 -
16:45

出張管理・経費管理のベストプラクティス

株式会社コンカー 
代表取締役社長

三村 真宗

株式会社コンカー 
製品統括部 部長

船越 洋明

直接費だけでなく、間接費、特に事業部で日々発生する従業員経費、出張経費に関しての適切な管理法により、企業パフォーマンスの最適化を推進。日本企業が直面する間接費に関連した課題を踏まえ、理想的な経費管理を実現する具体的な解決策と共に、経費精算ソリューションを基盤に国内外の革新的な出張・経費関連サービスとの連携を実現できる経費精算体験(パーフェクトエクスペンス)を提案していきます。

16:45 -
17:05

Ariba Extension(拡張)による購買デジタルトランスフォーメーション

株式会社クニエ
ディレクター

室井 修一氏

「AribaのようなSaaSは拡張性が無い」と決めつけている方も多いと思います。弊社ではシステムによる購買の自動化、効率化や費用低減効果をもっと様々なシステムと有機的に接続し更なる効果を狙った姿を“購買デジタルトランスフォーメーション”として提案いたします。
・購買デジタルトランスフォーメーションの全体像
・SAP HANA Cloud Platformを利用したAriba Extension(拡張)の価値とユースケース
・実機デモ
等を通して訴求いたします。

17:05 -
17:50

パネルディスカッション

モデレーター:
アクセンチュア株式会社
執行役員 オペレーション本部 統括本部長

馬場 昭文氏

パネリスト:
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
ソリューション事業本部 SCMソリューション本部 SCMソリューション1部 プロジェクトマネージャー

池田 信裕氏

PwCコンサルティング合同会社
パートナー

大竹 伸明氏

株式会社 クニエ
ディレクター

室井 修一氏

株式会社ミスミグループ本社 
MIGサービスプラットフォーム J営業推進室 ジェネラルマネジャー

石川 哲也氏

日本アリバ株式会社 
バリューエンジニアリング ディレクター 

小野寺 富保

17:50 -
18:00

クロージング

SAPジャパン株式会社 
購買・調達ネットワーク事業本部 本部長

渋谷 隆行

18:00 -

ネットワーキングパーティー

Sponsors

Venue

グランドプリンスホテル新高輪
東京都港区高輪3-13-1
> 会場Webサイトのアクセスページへ

新幹線・JR線・京急線 品川駅(高輪口)から徒歩約5分
都営地下鉄浅草線 高輪台駅(A1)から徒歩約3分

Contact

SAP Forum 登録事務局
Email: sapforum@entryweb.jp
Tel: 03-5422-7090
(受付時間:平日10:00~18:00)
製品、導入に関するお問い合わせ
Tel. 0120-786-727
(受付時間:平日9:00~18:00)
www.sap.com/japan/contactsap
ページの TOP へ戻る